腰痛原因.com » カイロプラクティックについて

カイロプラクティックについて

カイロプラクティック (Chiropractic) とは、代替医療のひとつで、1895年にアメリカのダニエル・デビッド・パーマーが確立しました。

このカイロプラクティックはWHO(世界保健機関)にも認可されている、など、世界で評価されている技法なのです。

WHOでの定義は、「筋骨格系における障害、およびそれが及ぼす健康全般への影響を診断、治療、予防する専門職」であるとされています。実際の施術内容としては、主に関節アジャストメントや脊椎マニピュレーションを徒手によって行う治療手法が主となっています。

WHOは、カイロプラクティックを日本でも国家資格として扱われている、はり師ときゅう師による施術である鍼灸と同等の代替医療であると位置付けています。

さらには、2005年に、安全で有用なカイロプラクティックの教育を目的とした、「カイロプラクティックの教育と安全性に関するWHOガイドライン(指針)」が発行されています。

このように、世界に広まっているカイロプラクティックですが、実は日本においては、カイロプラクティックはまだ法令化されていません。そのため、極論を言えば、「特別な資格がなくとも、誰でもカイロプラクターを名乗ることが可能」というのが現状となっています。

しかし、カイロプラクティックは、人間の体を扱うわけですから、特に頚椎など、重要な神経が集中している部分への施術は、素人の付け焼刃では危険極まりません。

もし、どうしてもカイロプラクターになりたいというのであれば、例えばアメリカなど、カイロプラクティックに関しての法令化が行われている国での資格取得も不可能ではありませんが、その資格では日本でレントゲンを扱う資格が無いため、やはり活動を制限されてしまいます。現時点では法令化を望む声も多いです。