腰痛原因.com » 頚椎ヘルニアの治療法

頚椎ヘルニアの治療法

頚椎において発生し首の痛みや肩こり、手足のしびれといった様々な症状を引き起こすのが、頚椎ヘルニアです。頚椎ヘルニアは主に高齢の方にその割合が多い病気ではありますが、近年では比較的若い方の間でも見られています。

この頚椎ヘルニアの治療法は大別して手術と保存療法がありますが、前者の外科的な手術は、実はあまり用いられることはありません。

根治は難しくても、頚椎ヘルニアの症状の悪化を防ぎ軽減を期待する保存療法が一般的に用いられる治療法となっています。

では、頚椎ヘルニアの保存療法について簡単にいくつか説明をしていきます。まず保存療法として挙げられるのが、消炎鎮痛剤などを用いて、痛みの症状を和らげる薬による治療法があります。

頚椎ヘルニアでは、脊髄や神経根が圧迫されてしまうことで、冒頭でも述べましたが、様々な痛みやしびれの症状が発生することがあります。その場合にはそれぞれの頚椎ヘルニアの症状に合わせた薬が処方され治療していくわけです。

また、頚椎ヘルニアの保存療法としては、疼痛の軽減に理学療法が用いられることもあります。理学療法とは頚部の安静を保つための補助具である頚椎カラーなどを使用する装具療法、頚部の安静とマッサージの効果をもたらす牽引による治療法などが挙げられます。

その他に、温熱や電気を使い疼痛の軽減や、結構の促進といった効果を期待する物理療法、そして、リハビリやストレッチにより筋力の強化や、緊張状態の筋肉をほぐすストレッチ運動などがあります。

これらの理学療法は、場合によっては前述の薬と併用し、頚椎ヘルニアの治療法として進められることがあります。そして、上記の保存療法を行っても、思うように結果が現れずに、激しい痛みを取り除こうとした場合には、神経ブロック注射による治療法が施される場合があります。

この神経ブロック注射とは、頚椎ヘルニアの痛みを感じている神経やその周辺組織に局部麻酔薬を作用させることで、痛みの信号が脳へと伝わることをブロックし、痛みを和らげるという治療法で、特徴として高い鎮痛効果、即効性があり、尚且つ副作用が無く、非常に優秀な治療法と言えます。