腰痛原因.com » リノベーションの流れ

リノベーションの流れ

リノベーション内容を決める第一歩は、住まいの現状を把握すること。築年数や過去のリノベーション歴などは、建物の傷み具合を知る目安になります。

増改築を考えているなら、建ぺい率や容積率は工事内容を決めるのに必要な情報です。また一戸建てではリノベーションよりも建て替えてしまった方がいい場合もあります。

自分の家の場合を建て替えorリノベーションどっちがいいかを検討しましょう。なお、一戸建てなら建築図面、マンションなら間取り図、配管の状態がわかる設備図があれば工事を依頼するときにスムーズです。

●リフォ-ムのほうが適しているケース
□希望するリフォームが設備の交換のみ
口希望するリフォームが内装・外装の張り替えのみ
□希望するリフォームが簡単な間取り変更のみ
□建築してから年数がそれほどたっておらず、建物の耐用年数がまだある
□早急にリフォームしたい箇所はあるが、数年後に敷地を売却する予症
□早急にリフォームしか、箇所はあるが、建て替えをする予算はない
口住宅ローンの返済が残っており、新たな借り入れが難しい
□容積率が建築時と変わり、建て替えると今より小さな家になる
□現在の住まいに強い愛着があるためできるだけ長く暮らしたい
□高齢者が同居しており仮住まいが困難

●建て替えのほうが適しているケース
□希望する全面リフォームを行うと新築するよりも費用がかかる
□増築したいが耐火建築物への改修が必要で新築よりも費用がかかる
口容積率が緩和されたこともあり、3階建てに増築したい
□2部屋を1部屋に、など間取り変更をしたいが家の構造上無理といわれた
□完全分離型の2世帯住宅にしたい
口老朽化し、長く住むには不安がある
口地盤が悪く建物が傾いたり沈んだりしている
□基礎のコングノートがひび割れるなど基礎部分が弱くなっている
□シロアリの被害にあっている
□周辺に高い建物が建ち、日当たりや通風が悪くなってしまった