腰痛原因.com » フットケア学会について

フットケア学会について

フットケア、足の手入れ、と言っても、爪を切ったりむくみを解消する、というものだけではありません。
また最近は欧米に習って日本でもフットケア全般の大切さ、その知識を普及させようとする動きが高まっています。またこのような動きの中心とも言える役割を担うのが、フットケア学会です。

フットケアは高齢者、または糖尿病の患者さんにとっては常に大切なテーマです。ロコモティブシンドロームという言葉があります、このことにも深い関わりがあります。QOL、つまり生活の質を向上させるためにも重要です。

チーム医療としてのフットケアの知識、そして技術の普及も大きな目標のようです。より効果の高い医療手段として取り入れることの大切さを知ってもらうことが大切です。

血管を専門とする外科や整形外科、内科や皮膚科など、フットケアに関わる分野の間にあるフットケアの不透明なポイントを解消することで、より意味のあるフットケアを実現することができます。

学会が支援する内容として、フットケア指導士の認定があります。医療に従事されている方や福祉の職に就かれている方がフットケアの専門的な知識、および技術を習得するために用意された資格です。

フットケア指導士に期待されることがらとしては、各種の現場での指導的な役割を担うこと、またフットケアチームを組んで適切なケアを提供することなどです。

また学術集会に参加することで更新単位が認定されます。一般に足のケアを毎日している、という方でも、そのほとんどは疲れから来るむくみの解消やストレッチなどにとどまっていると言われています。

この現状を見ても、トータルなフットケアの重要性はかなり大きいと考えられます。今後はフットケアの資格を持つ方が増え、高齢化社会での重要な役割を担っていくことが期待されています。

また糖尿病患者さんの足のケアも大切です。整形外科病院ではフットケア外来での専門職のニーズも高まっているそうです。