腰痛原因.com » 眩暈を整体で解消する

眩暈を整体で解消する

内科や耳鼻科では眩暈を訴えて通院される方が多くいらっしゃいます。この眩暈の原因は、自律神経の不調、あるいは自律神経失調症が考えられます。

精神的なストレスによって自律神経が不調を起こすケースも多くあります。一度不調を起こすと、なかなか軽快しません。不安や恐怖を覚えるようになると、ストレスも悪化し、引いては眩暈も悪化します。

他には内耳の病気や脳の病気も考えられますが、これらの中には悪性のものもありますので、できるだけ早期に病院で検査を受けることが大切です。

整体で血行の調整をするとよく眩暈に効果があると言われます。これは悪性の腫瘍などの病気では効果はありませんが、日常生活のストレスが影響している場合は特に有効です。

また血行といえば、耳に関するものとして肩凝りが最も考えられます。肩凝りがあると脳への血行が悪化し、リンパの流れも悪化します。このことで、姿勢を矯正することも大切です。

実際に肩凝りになる方は、特にパソコンなどで仕事をしている場合は猫背気味の場合が多く、様々な部位の筋肉が硬くなっています。硬い筋肉では血行が悪化する上、重い脳を常に支えていなければならないため、症状はよくなるわけがありません。

正しい姿勢ができればだんだん軽減されきますが、歪んでしまった骨を矯正することが大切です。また骨盤のゆがみは全身に影響しますので、姿勢をよくしたければまず骨盤矯正が必要です。

眩暈といえば頭回りが施術のポイント、と考えられがちですが、頭を支えているのは首です。また首には全身の骨のゆがみが関わってきます。

全身の調整をすれば、首の筋肉も緩んできます。リラックス感を得て眩暈も軽減すれば、日常生活への影響もかなり違います。

めまいは軽度のものであれば意識的に少々休めばいい、と思いがちですが、徐々にひどくなるようであれば早急に治療を受けることが推奨されます。よく睡眠を摂り、日頃の疲れを継続して癒すことも大切です。