腰痛原因.com » ベルトについて

ベルトについて

腰痛の治療に使用される装具として、腰痛ベルトはとても一般的です。腰痛ベルトとは、市販されているゴム素材のものを呼ぶことが多く、これに対して腰痛コルセットと呼ばれるものは、整形外科でもよく装具として利用される、剛性支柱を使用したものです。

腰痛ベルトは、残念ながら装着しているだけで腰痛が治るというものではありません。体幹の動きを制限するもの、つまり痛みが起こるような動作を起こさないように予め固定しておくことが主な目的です。

また筋肉の代用品としても機能しますが、腹圧の加減をちょうどよくしたり、きちんと装着しないと、よく逆効果になることもあります。市販の腰痛ベルトは、誰もが買っておいて損はないと考えられます。

現代人はどのような状況でも腰痛を起こしやすく、主には座り仕事や立ち仕事、ハードな肉体労働などですが、腰への負担が過度にならないように気をつけなければならないのは、誰にでも言えることです。

特にギックリ腰には要注意です。筋肉性、筋膜性のギックリ腰の場合でも、そのまま動かせなくなることが常ですので、少しでも症状を緩和させ、安静期を大切に過ごすために大切なものです。

また市販のものは医師にアドバイスを受けることはなかなかうまく行きませんので、ある程度どのようなものが適しているか知っておくことも大切です。痛みのある部位やその度合いによっても変わってきます。

またある程度は腰痛ベルトの理想形というものがあります。まず腹圧を逃さないようにしてしっかり固定できることです。装着しても腰が固定できないのでは意味はありません。

どのような動きでもできる、というものは腰痛ベルトとは言えませんので、ある程度きつめのものを選ぶことも必要です。

その他には、あまりにもぎこちなくなったりして日常生活のレベルを落さないように気をつけたり、通気性を確保して肌の健康を保つこと、長時間装着してもズレが少ないことなども上げられます。