腰痛原因.com » 腰痛を新宿で治す

腰痛を新宿で治す

腰痛は日本人にとっては不快指数が最も高い症状であると言われています。

また、腰痛になる方の特徴として、特に肉体労働をされる方がひどい、ということが言われていましたが、今ではオフイスなどで働く方、デスクワークを長時間行う方のほうが長引くケースが増えていると言われています。

例えば東京の新宿を例にとると、多くのサラリーマンの方、OLさん、デパートなどで立ち仕事をされている方がいらっしゃいます。

そしてこれらの方々のほとんどは腰痛を持っている傾向が強いと言われています。その痛みの度合いの違いはありますが、ほとんどの方が明確に発症している、あるいは潜在的に持っている、ということのようです。新宿には専門の治療院が多くあります。

西新宿や歌舞伎町付近と、場所を問わず点在しています。またスポーツ愛好家の方専門の整体院もあれば、ダンスを職業にされている方用の整体院もあります。

色々な方が腰痛に悩み、また時間を見計らって治療を受けている、というのが新宿区の腰痛の生態であると言えます。

すぐに改善できない症状、つまり長引く傾向が強い症状があって、かつ仕事を休むことができずに慢性化が続くと、その分ストレスも蓄積されてきます。このような場合に最も効果があるのは、ストレッチ体操や筋力トレーニングを継続させることです。

特にストレッチについては、仕事で椅子の上にいる時間の合間をとって5分間ストレッチ体操をするなどの工夫が大切です。椅子さえあれば、それほど広くないスペースを確保するだけでも、充分に効果のあるストレッチができると思います。

特に新宿区のオフイスはそれほど広いところで個人個人のデスクのスペースも余裕があるというところは少ないようですので、まずどのようなストレッチ法がマッチしているかを検討して、その中から症状にあった方法を見つけていくことが大切です。ダンサーの方なども練習の合間にストレッチをするという方は多いようです。