腰痛原因.com » 腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療

●温熱療法
皮膚の表面から加温する方法で、ホットパックがもっともよく用いられています。一般には、発熱体に電流を流して加熱する電気ホットパックです。

保温性と吸収性に優れたシリカゲルを袋に入れて加熱しで70~80度に温めた後、バスタオルで包んで、腰椎椎間板ヘルニアの患部に当てる方法もあります。

腰椎椎間板ヘルニアの筋緊張を和らげ循環をよくするとともに痛みやわらげます。局部だけでなく比較的広範囲にわたって温めることができます。自宅での簡便法として、市販の「保温剤」などを用いても良いでしょう。

腰椎椎間板ヘルニアで急な強い痛みのときには冷たい湿布、慢性的な痛みには温湿布をするのが良いでしょう。しかし、きちんと区別をする必要はなく、どちらでも使って気特のよいほうでよいのです。

腰をホットパックや超短波、極超短波で温めるのは、腰の血液の循環をよくし、筋肉の緊張をとるので、腰椎椎間板ヘルニアの症状に対して効果があります。

一番手軽に出来るのが、ややぬるめのお湯を腰まで入れたお風呂にゆっくりつかる半身浴があります。自宅で心身ともにリラックスできることと合わせ、慢性的な腰痛には特に効果的です。

●超音波療法
温熱療法のように表面から温めるのではなく身体の深部で熱を発生するもので、周波数により超短波療法、極超短波療法、超音波療法などがあります。

●体操療法
背筋や腹筋を鍛え、下肢の筋肉を伸ばすなど、腰椎椎間板ヘルニアの腰痛の治療とともに再発防止や予防のために考えられた体操です。ウィリアムズの体操が有名ですが、いろいろな方法が考案されています。

方法は、医療機関で指導してもらうとよいでしょう。これら薬や牽引などは対症療法であって、それで腰痛が治るわけではありません。本来は、筋力と骨を鍛えることが腰痛の積極的な予防治療です。