腰痛原因.com » 妊婦について

妊婦について

赤ちゃんが出来たんだけど、どうにも腰が痛くて辛い、こんなことってあるの?という妊婦さんは多いようです。

昔であればこの程度の腰痛は、という方が多かったものですが、最近の女性はやはり運動不足がたたってしまったのかな?と反省するケースがほとんどのようです。

妊娠すればお腹が大きくなってきますが、その分腰にも負担が増えてきます。妊娠の初期でも様々なことが影響して腰痛が起こることが多いのに、半年もすると腰痛で立てなくなることもありますから、やはり深刻です。

妊娠するとある女性ホルモンの分泌が盛んになります。リラキシンと呼ばれ、骨盤の靭帯を緩ませて妊娠をスムーズにするためにはとても大切な作用です。

またこの靭帯が支える関節にとって、この緩みはその支えを徐々に失わせ、筋肉が緊張しだします。結果として関節はとても不安定な状態になり、腰痛が起こりやすくなります。

またお腹が大きくなればどうしても重心が変わってきますので、自然に腰を反らせてしまいます。このことも骨盤の傾きに大きく影響し、腰を支えるための筋肉への負担も増します。

妊婦さんの腰痛を予防するためには、運動不足の解消とともに姿勢の矯正が大事です。普段から足を組んで座り込んでいる、歩く姿勢も猫背でなんとなくだらしがない、と言う方はとくに要注意です。

また妊娠してからの腰痛には、骨盤ベルトがとても効果があります。よく病院でも推奨していますが、サポートベルトやゴムチューブなども効果的です。

激しい運動ができませんので、まず骨盤をしっかりサポートするためのツールが必要です。関節の力不足をサポートし、骨盤をそのまま整えていくこともできます。

骨盤ベルトは市販のものもかなり沢山あります。ドラッグストアーやホームセンターなどでも手軽に手に入ります。また大切なのは巻き方です。

サポートバンドがついていればしっかりと左右対称にセットしたり、締め付け具合もしっかりとするように基本に忠実に巻くことが大切です。