腰痛原因.com » PNFストレッチの方法について

PNFストレッチの方法について

固有受容性神経筋促進法を用いたストレッチがPNFストレッチです。

この方法は人間の身体の柔軟性を高めることでパフォーマンスを向上させることや、怪我を予防すること、更には状態を回復する効果があるとされ、スポーツ選手のコンディショニング法と利用されています。

PNFストレッチの原理や理論はともかくとして、内容自体は中川式ストレッチングベンチと同様、それほど難しいものではありません。筋肉の伸張反射というものに注目をしていて、伸張反射とは筋肉が強い力を発揮した直後にはリラックス状態に陥ることを示します。

つまり、PNFストレッチでは対象とする筋肉に対して一度強い力を発揮させる、要するに1度収縮運動をさせます。そうすると先程ご紹介をした伸張反射が生じますので、効率の良いストレッチ効果をもたらすことが出来るのです。

この方法の大きな特徴として柔軟性を高めるだけではなく筋力も同時に鍛えることが出来るトレーニング効果を持っていることが挙げられます。

最近では骨に最も近い部分にある筋肉で、人間の身体の中の内臓や脂肪といった部位を支えるのに必要不可欠とされているインナーマッスルを鍛えることが出来るということがわかっています。

では、具体的な方法ですが、このPNFストレッチ法は基本的に2人1組となってパートナーと行うことになっています。そうすることで効率が格段に上がるからです。今回は簡単に肩のストレッチについてですが、まずパートナーが相手の両方の肘を持ち上げていきます。

そうすることで脇のあたりが伸ばされるのがわかると思います。その際に実際に筋肉を伸ばしてもらっている方は息を徐々に吐いていって下さい。

十分な負荷がかかり伸びきるところまでいきましたら今度はパートナーの動作に対し抵抗する動作をして下さい。そして最初に戻るという繰り返しです。パートナーとしっかりと息を合わせて行って下さい。