腰痛原因.com » 治療について

治療について

腰痛に悩む方は多くいます。腰の痛みには種類があります。誰もが同じ種類ではないので、治し方も同じではありません。自分がどのタイプなのかを知る事が正しく治すには必要です。

腰痛のタイプは大きく分けて4つあります。まずは急性のタイプです。重い物を持った時や体をひねった時などに起こるぎっくり腰などがこのタイプにあたります。これは普段慢性的に運動不足になっていたり、筋力が衰えていると起こります。

ギックリ腰になった場合は患部が炎症を起こしているので痛みが酷い1日から3日くらいは温めてはいけません。入浴を控えて軽くシャワーを浴びる程度にしましょう。そして何より休息が大切です。

病院へ行けるくらい症状が落ち着いてきたら整形外科などを受診しましょう。生活面での注意点なども教えてもらえます。自己流で治そうとして慢性的な腰痛になってしまうことのないように注意をしましょう。

次に慢性的に腰に痛みを感じるタイプがあります。このタイプは腰の骨や肉そのものに異常がある場合です。強く打ってしまい打ち身や骨折を伴う場合や椎間板の変形やヘルニアなどが上げられます。

まず、どのような症状かを病院を受診して診断してもらい診断と今度の治し方の説明をしてもらいましょう。診断してもらったら症状にあった治療や自分で出来るリハビリなどを行うといいでしょう。

筋肉が老化したり減少した事が原因になっているケースは根気よくストレッチや筋力を鍛えると痛みがなくなる場合が多くあります。また普段から姿勢や歩き方などを気をつけて見直す事も大事です。

太り過ぎが原因の腰痛もありますから食事の面からもアプローチしてみましょう。腰以外の病気や疾患などが痛みの元になっているタイプもあります。内科の疾患や婦人科の疾患、神経系やストレスも腰痛を引き起こします。

このタイプはその腰痛を引き起こしている疾患を治さなければなければいけません。また、ストレスや神経系の疾患が痛みを引き起こしている場合は、心療内科を受診したり、ストレスを溜めこまないようにしましょう。

正しい治し方はその人の症状によって変わります。くれぐれも自分で決めつけるなどしないで専門家の意見を聞きましょう。思いもよらない事が原因になっていたりする事もあります。

正しい診断と診療を受け長く苦しんだ痛みから解放されている方もたくさんいらっしゃいますので、諦めずに治療していきましょう。