腰痛原因.com » 頚椎ヘルニアとラグビー

頚椎ヘルニアとラグビー

ラグビーやアメフト、といえば、タックルが盛んに行われ、スポーツ外傷と呼ばれるスポーツ選手に特徴的な怪我を発症する方も多いスポーツです。交通事故、とくにその中でも追突による首へのダメージと同じような怪我をすることも多く、筋肉の鍛錬は必要不可欠です。

またこのラグビーで発症しやすい疾患の1つに、頚椎ヘルニアがあります。頭を強く打つだけでも、首には大きく負担がかかりますが、このことで首の骨の隙間に存在している椎間板が悲鳴をあげ、そのまま中身が突出してしまうのです。

またラグビーはある程度は筋力がついているという場合でも、練習不足や技術の未熟さなどによって首に怪我をすることが多いスポーツです。

他のスポーツでもこのような場合は怪我をしやすいと言われますが、ラグビーにおいては余計に注意が必要です。

頚椎ヘルニアになってしまったら競技はもちろんお預けです。頚椎ヘルニアが完治するまで復帰に備えた筋力トレーニングは大切ですが、実践トレーニングはほぼ無理と言えます。また首や肩にも痛みが起こりますが、その他にも神経症状が出ている場合には安静が大切です。

アメフトのユニフォームのようなコルセットを装着することもあります。頚椎ヘルニアはとても痛みます。腰椎にも起こりますが、首は余計に神経圧迫も強くなりがちです。

首は細いので、頚椎ヘルニアがちょっと突出するだけでも神経に触れやすいのです。神経症状があったらトレーニングもできません。つまり手や足などにもしびれ、麻痺なども起こることがありますので、運動を無理にすると余計なところにまで怪我をして、復帰をますます伸ばしてしまいがちです。

しびれ、痛みなどが強い、また生活にも支障が出ているという場合には手術も検討します。まずは自分一人で判断しないで、病院で問診や精密な検査を受けることが大切です。

また骨盤や骨格まわりなどのチェックもしておけば、復帰後のプレイにも幅が出ますし、より怪我をしにくい身体を作ることができます。