腰痛原因.com » 脊柱管狭窄症の特定疾患と治療費

脊柱管狭窄症の特定疾患と治療費


脊柱管狭窄症という疾患は、現在原因が不明です。治療費については特定疾患の場合、一部または全額を国で負担してくれます。

その為、脊柱管狭窄症は特定疾患に指定されています。さて、特定疾患といえば介護保険なので、介護保険についても少し書いておきます。

介護保険は40歳から保険料の支払いが始まり、一般的には65歳から使えるものと認識されているかと思います。ですが実際、40歳からでも使える場合があるのです。

それが、特定疾患に指定された疾患の患者さんである場合です。65歳以上は第一号被保険者、40歳から65歳未満は第二号被保険者として介護保険が使えます。

覚えておくと良いと思います。脊柱管狭窄症は高齢の方に多い疾患として知られていますが、生まれつきであったり・65歳前に診断された場合もあります。

そのような時は、この介護保険を使うようにしましょう。特定疾患や介護保険などに限らず、助けになるサービスは様々あります。

身動きが難しい人のための介護ヘルパーや、特定疾患にはじまる医療費の補助など。様々なサービスがありますので、こういったサービスを有効に使い、正しい脊柱管狭窄症の治療を行って症状を改善していきましょう。