腰痛原因.com » 整体で五十肩を治す

整体で五十肩を治す

五十肩は40歳以上から50代の方に多い、肩関節の炎症の症状です。また医学的には肩関節周囲炎と呼びますが、明確な原因は定義されていません。

肩には痛みが起こり、また非常に動かしずらくなります。つまり可動域、動かすことができる範囲が極端に減少してしまいます。

男女ではどちらが多い、ということもなく、左右にもほぼ差がありません。腕を上げることが特にしずらく、肩が痛んだり、痛みを我慢して上げることができるかといえば、これもできません。

急性期は特に痛みが大きくなりがちです。夜間痛も特徴的で、寝るにも寝れず、日中の活動にも大きく影響します。

五十肩は何もせずに放置していると危険です。長生きしていれば起こることはある、習慣的と解釈する方もいらっしゃいますが、放置すると大きな悪影響が起こります。つまり可動域の減少が、痛みがなくなってからでも続きます。

また病院での治療法は対症療法になり、投薬やブロック注射、湿布などが主になりますが、なかなか改善しにくい、病院に通うのも疲れてしまう、という方も多くいらっしゃいます。

五十肩は整体での治療成績が高いと言われています。肩甲骨周囲にあるトリガーポイントや、それに伴う関連痛などを解消することで、治療を早めることが可能です。

筋肉と骨格の歪みを解消すれば、神経の伝達情報が正常に行き来します。またこのことで肩周りの筋の機能が正常化し、炎症も徐々に治まってきます。

初めてかかったのに即座に効果が実感できるという場合も多く、また回数を重ねるごとに肩も活動的になりますので、精神面での効果も高いと言えます。

全身を調整しますので、五十肩の原因ではないかと特定される様々な症状の改善にも効果があります。

またリハビリも多用しますので、もちろん肩が上がらない、回せないなどの状況も徐々に改善することができます。詳しく問診を受けて、どのような治療メニューが適しているのか、よく相談することが早期改善への鍵と言えます。