腰痛原因.com » 腰部脊柱管狭窄症と鍼灸

腰部脊柱管狭窄症と鍼灸

整体治療と並び、腰部脊柱管狭窄症の治療場所として期待されることが多いのが、鍼灸院です。これは肩凝りや腰痛などに高い効果があると言われますが、特に高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症ですから、経験者のほとんどは大きな期待を寄せると考えて間違いありません。

受ける方の状況としては、病院での治療を受けたにもかかわらず、長い間軽快を見せない、または手術を勧められても決心が付かない、手術経験者の方で再発してしまった、など、多くのケースがあります。

では、実際にどのような腰部脊柱管狭窄症治療をするのかといえば、まず脊柱を支えている筋肉、また靭帯などの緊張を取り除くことを考えます。脊柱には微妙な場所の異常があると考え、その周りにある組織の異常を取り去る、というのが基本治療方法の1つだと言えます。

また手足などの筋肉にも衰えが大きいと判断した場合は、トレーニング法を指導したり、実際に揉み解したり、ストレッチをするなど、外科で言う運動療法を用いることもあります。その他には臓器の異常を治すためにツボへの灸やマッサージも欠かせません。

しびれ、また脱力感などの症状は、脊柱管の狭窄がダイレクトに影響していることがほとんどですが、痛みについては、これらの症状に耐えるために筋肉が緊張して起こるものである場合がほとんどです。

また腰部脊柱管狭窄症では、神経が締め付けられることで神経痛も起こりますが、鍼灸ではこのような凝り固まりに対して十分な効果を与えることができます。

また整形外科で手術が必要と診断された場合、排尿や排便の障害が起こっているケースも多いですが、このレベルまでくると基本的には鍼灸治療は適切ではありません。また治療をする場合も、経過観察をしながらの保存療法になります。

その他には適度な運動も勧めることが多くあります。安静にすることで凝りが起こるレベルは当然ですが、より柔軟性を高めるためのストレッチも、身体に無理が無い範囲で行うように指導をします。