腰痛原因.com » お薦め情報

お薦め情報

その他・お薦め情報


腰とヒールについて

ヒールの高い靴を履いて背筋を伸ばして恰好よく颯爽と歩いている女性を見ると素敵だなと憧れます。また一方で背中を丸めて疲れた様子で歩いている女性は無理をしてヒールを履いている様に見えます。

ヒールを履いて歩くと腰が痛くなってしまって歩くのが辛かったり、家に帰ってから腰が痛くなって疲れて寝込んでしまったりする女性は、筋肉が衰えてしまっているのかもしれません。

ヒールや踵の高いパンプスを綺麗に履いて歩くには膝の筋肉や足首の筋肉、骨盤や腰回りの筋肉を使います。座っている時などに猫背になってしまうという人は体のバランスが崩れているのかもしれません。

いつも同じ方の手に鞄を持ったり、同じ方の肩に鞄を掛ける人、また座る時に足を組んで座るなどの日常的な癖は体のバランスを崩す原因になります。

バランスが崩れてしまうと知らないうちに血流が悪くなり腰に負担をかけていたりします。せっかく素敵な靴を履いても腰が痛くなってしまうと悲しいですね。恰好よくヒールや踵の高いパンプスを履きこなすには、体を支える為に鍛える事が必要です。

足首や膝を支える筋肉や、腰の回りの筋肉を鍛える事でヒールを履いた時に重心がずれてもそれに耐えられる筋肉があれば腰は痛くなりません。

適度な運動をして鍛える事で腰の周りやお尻のシェイプアップに繋がります。どうしても腰が痛くなってしまう場合はクッション性のある中敷きを使ったり、かかとの太いヒールやパンプスにしましょう。

靴のかかとのサイズがあっていないと靴がすぐに脱げてしまいます。

それを防ぐために余計なところに力を入れてしまって腰が痛くなってしまう人はゴムで足の甲や足首で固定できるベルトが市販されていますので、利用しましょう。

サイズの合った靴を履く、筋力をつける、ベルトや中敷きを利用して対処すれば腰の痛みもなくなるでしょう。

家に帰って靴を脱いだら、温めたりマッサージをするなどのケアを行うと血行が良くなり足や腰の疲労も軽減されます。