腰痛原因.com » 図面について

図面について

リノベーションの成功の鍵を握っているのは、図面です。リノベーションの図面というのは、本当にそれが最後の砦になっています。

もちろん工事段階で手違いがあるということは往々にして起こることなのですが、それが手違いだと分かるということは図面があるから。

リノベーションの図面がなければ何も始まらない、そしてミスも分からないということになるでしょう。だからリノベーションの図面はとても大切なのです。

またリノベーションの図面は保管しておかなければなりません。中古として売り渡すというときがあったら、そのときには図面が必要になることもあります。

物件売却の際のトラブルを避けるためにも、リノベーションの図面は残しておかなければなりません。また売却以外にも、新たなリノベーションをするときにも図面が必要になります。

以前と同じリノベーション業者ならばいいのですが、また新しいリノベーション業者に頼むのならば以前の図面がなければ現在の状況が分からなくなります。

そういうことを防ぐためにも必要です。いわば建物の履歴書とでも言うべき図面ですから、ないがしろにはしないできっちりと保管をするようにしてください。

またリノベーション業者の善し悪しにも大きく図面は左右されます。もちろん素人が図面を見ても分からないことが多いでしょうが、そこはきちんと説明を受けて納得の行く仕上がりになっていることを確認してください。

最近では図面が三次元になっていることもあり、そういう図面を見せてくれるリノベーション業者は、視覚的に見えやすいのでとてもいいでしょう。

ただし、こういった図面を扱っているというのはそれほど多くなく、余分にコストがかかってしまうこともあります。

最後に、仕上げ表、平面図、展開図、設備の電気系統図などの図面を出さない業者というのは注意が必要です。きちんと図面を出すことができるということが、リノベーション業者選別のポイントにもなります。